FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンプ修理ようやく完了、、、

1年半以上、電源SWが入る、入らないがもやもやしたNo23Lですが、
ようやく修理完了となりました。

しかし、1度修理完了で帰ってきたものの、症状はまったく変わらず
電源がはいりませんでした。その時の修理は前回の記事となりますが
写真でいうとこれだけのパーツを交換しています。

image1.jpg

高価そうなコンデンサばかり、、、
結局また、超重いアンプを箱に入れて再度返送するも、担当地区の
宅急便の人も、うんざりする重さです。

2週間ほどで返事が、、、


驚きの、フォトカップラの劣化があり交換しました。
(さすがにこの費用は請求されず)

最初からそこに行けよ!

つごう3往復し、1年半かかり、費用もそれなりに、、
部品交換で音質向上してると信じて、定位置におさまりました。

image2-1.jpg

安定してくるまで、しばらく時間かかりそうです。

あー疲れた。

スポンサーサイト

3度目の修理 MarkLevinson No23L

ここ2年位電源SWの具合が悪く、入ったり入らなかったりが
続いています。前回ハーマンでの修理は、異常なしで返送されて
きたものの結局何も治っていないという状況でした。
HDPLCを外したら、たまたまうまくSWが入ったりしましたが
関係ないことが判明しました。

今回の修理もハーマンに依頼しましたが、1ヶ月半何も連絡がなく
進捗を問い合わせたところ、下記返答がありました。

経過状況:

 1.お客様ご指摘の症状を確認致しました。

 2.原因調査のため電源スイッチ交換動作確認→症状再現

 3.時々正常動作時スピーカ端子DC電圧確認→異状見られず。

 4.プロテクション回路分解電解コンデンサ取り外し確認→異状見られず。

 5.パワーアンプ基板分解電解コンデンサ取り外し確認→コンデンサ液漏れのため交換

 6.組立、動作確認するも、時々プロテクション誤動作発生。

 7.左右スピーカ端子電源オン時の立ち上がりを測定。

 8.右側に一瞬異状電圧を確認致しました。

 9.現在右側のパワーアンプ部分解、再度回路等の確認中です。

 以上が現状と経過となります。

通電状態での点検が不可能なためと電源オン時の過渡変化(0.5秒程度)
更に基板分解にはトランジスタ類のハンダ外しが54箇所と多いため、
取り外しの回数が増えると基板にダメージが残ります。
その為、慎重に調査を行っております。

今しばらくお待ち頂くようお願い致します。

ということで、かなり慎重に細部にわたり確認作業してくれているよう
です。その後不具合部品が確認でき、交換が以下のような部品です。

R 10Ω 10W 3個
DI 1N5261B 4個
Cap 330μF 100V 4個
Cap 150μF 150V 4個
Cap 22μF 100V 4個
Cap 22μF 100V 4個

部品代しめて 39,000円
技術料    54,000円
+税金

依頼してから完了まで2ヶ月強。
おそらくメーカー以外で修理依頼したらかなり高くなったのではと
推測しています。時間はかかりましたがきっちりやってくれたよう
です。

Audirvana PLUS 2.4

MACのプレーヤーを、Audirvana PLUS 2.4にアップしました。

Audirvana.png

今までのものより格段に曲が管理しやすくなりました。
itunesライクに使えて良いです。

このところ、またパワーアンプのSWが入ったり、入らなかったりでか
なりよくない状況です。一回うまくSWが入ると、あまり間をあけずに
使う時は大丈夫ですが、間をあけてしまうとなかなか入りません。

少し揺するとSWが入る時があり、多分リレーだろうなとあたりをつけ
ました。

一度はハーマンから故障なしと、とんぼ返りの修理依頼でしたが、
今度はリレー+プロテクション回路を見てもらいます。

医療用パーツでタップ製作

電源まわりを少しいじってみました。
医療用のコンセント部材(コンセント、プラグ部分)などを使い、工業用の
パーツを組み合わせて自作です。多くの先駆者がいましたので参考にさせて
もらい部材収集からです。
IMG_0576.jpg

今回はラックまわりの機材用で5つの口が必要なため、6口のタイプと、
そこからパワーアンプに引き廻すコンセントが1口必要です。

IMG_0577.jpg

コンセントどうしは、VVFコードで接続します。

また、ケーブルからコンセント部材にはより線のため、棒端子(圧着接続)
をつけて繋ぎます。写真は長さが違って見えますが写真の角度の問題です
ので、同じ長さです。
この棒端子を注文する時に、線の太さを間違えて小さいタイプのものを
注文してしまい、失敗です。(工業用だと50個とか100個単位が多いの
で、できたら1個からバラ売りか10個程度のものが理想です)

IMG_0578.jpg

ラックまわり用6口

IMG_0581.jpg

パワーアンプ用2口

IMG_0582.jpg

2つ並べて

IMG_0580.jpg

わりとうまく出来ましたが、ケーブルを止めるキャップ部分のコードの太さ
を間違えてしまいケーブルにゴムを上から巻いて間に合わせていますが、
落ち着いたらキャップだけ再購入します(単価は安い)

これでパワーアンプが機嫌良く鳴ってくれたらいいのですが、また時々
電源SWの入りがよくないなー、、、もう一回修理出すか。

IMG_0569.jpg

故障じゃない?

MarkLevinson No23Lが動かない状態がしばらく続き(電源SW入らない)、ハーマンインターナショナル
のサービスに問い合わせしました。運送用の頑丈な箱がないため通い箱を依頼しましたが、準備できた連絡
から2週間以上たっても、何も連絡がなく、電話で問い合わせたらまだ準備できてないの一点張り。
頭にきて、こちらから送るからしっかり修理しろと捨てゼリフ。

マンション1Fに入っているカーサービス会社に頼んで、何とか頑丈な段ボールをGET

梱包前に、一応再度動作確認、、、

あれ、、

普通に動くではないですか。

IMG_0566.jpg

しかも、以前より課題の低音もしっかり出ている!

結局何だったんでしょうね?
以前は入出力をなにも繋がない状態でも、SWが入らずで、本体につながる線は
電源コードのみ。

タコ足気味の電源と、部屋にコンセント自体が少ないことでPCやHDPLCやら
いろいろ繋がってること?タコ足のコンセントにフィルター類があること?
がかさなったからなんでしょうか。

もしくはラックから出し、縦横に動かして物理的に何かが良くなった?

まったくの謎ですが、ちゃんと動いてホッとしました。

IMG_0569.jpg

IMG_0570.jpg

今はスピーカーの間にセッティングして落ち着きました。
プリアンプからのバランスケーブルは5mになりましたが、音質への影響は感じません。

しばらくは、この状態でいけそうです。

プロフィール

imadj

Author:imadj
転勤や子育てで放置していたオーディ
オに再び命を吹込めるか!もはやお金
はかけられない状況を知恵で克服?
したいこのごろです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。